Fetch as googleの使い方と効果とは?『リダイレクトされました』の解決方法

管理人のPIYOSUKEです!

今回は、サーチコンソールの機能にある、『Fetch as google』の使い方と効果について解説していきます!

また、ブログ読者さんから、『Fetch as google』を何回送信しても『リダイレクトされました』という表示が出るというご質問を数人から頂きましたのでそちらについても解決方法を記事の後半でお伝えします。

『Fetch as google』の効果は、記事を投稿したことをクローラーに知らせ、⾃分のブログへの巡回をリクエストする作業です。

つまり、記事のインデックススピード(検索エンジンに反映されるスピード)を早める効果があるのです。

記事のGoogleのインデックススピードを早める方法は主に5つありますので、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

『Fetch as google』の使い方

①まずは、サーチコンソールにログインし、登録しているサイトを選びましょう。

②左サイドにある、クロール⇨『Fetch as google』をクリック

③インデックスさせたい記事のURLの赤枠部分のように、『/』以降のパーマリンクをコピーして下さい。

④コピーしたパーマリンクを貼り付け、『取得』をクリック。

⑤ステータスが完了になったのを確認し、『インデックス登録をリクエスト』をクリック。

⑥『私はロボットではありません』にチェックを入れ、『このURLのみをクロールする』をチェックし、送信。

⑦完了のマークが付いて、『インデックス登録をリクエスト済み』と表示されていれば成功です!

Fetch as googleの『リダイレクトされました』の解決方法

こちらは、PIYOSUKEの読者さん数名から、頂いた質問になります。

何回やっても、『Fetch as google』が正しく『完了』がでないという質問です。

『Fetch as google』の使い方を間違えると、『リダイレクトされました』というふうな表示が出ます。

この表示が出た時は、大半が後ろの『/』が抜けていることが多いです。

今回の場合ですと、『index/』を貼り付けるのですが、『index』と入力してしまっている為、『リダイレクトされました』と出てしまうんですね。

一度確認してみてくださいね^^

アドセンスで5000万円を稼いだ手法