【2018年7月開始】Googleスピードアップデート(speed update)の影響と対策!

どうも、専業アフィリエイターの正太です。

2018年7月10日からGoogleが「スピードアップデート」というものを始めました。

「スピードアップデート」とは、サイトのページ表示速度をモバイルの検索順位に反映させるアップデートになっています。

すでにパソコン版では、2010年の段階で表示速度は検索順位に影響していましたが、ついに、モバイル版でも影響することになったということになります。

アルゴリズムの影響ということで、びっくりする人もいるかもしれませんが、実際に影響を受けるのは、ものすごく遅いとユーザーに感じさせるページだけで、実際に影響を受けるクエリはごくわずかになる見込みということです。

検索ユーザーはできるだけ早く質問に対する回答を見つけたいと考えています。研究(英語)では、ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけていることがわかっています。 読み込み速度はこれまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、それはデスクトップ検索を対象としていました。 そこで 2018 年 7 月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。
この ”Speed Update” (と私たちは呼んでいます)は、ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。 そのページがどのような技術を用いて制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準を適用します。

Googleウェブマスター向け公式ブログより抜粋

最近はサイトをPCよりもスマホからサイトを閲覧する人が大半を占めています。

実際に当サイトも、70%ほどがスマホからのアクセスになっています。

スマホからみたときに、開くまでに2秒以上もかかると、ユーザーはイライラしてページを離脱してしまう人が大半です。

今回のアップデートはそういう遅いサイトを対象にしたアップデートです。

Googleスピードアップデートの影響

今回のGoogleスピードアップデートの影響は、「モバイルの検索順位」です。

PCのアップデートは過去に行われていますので、2018年7月のスピードアップデートで一番の大きな影響というのは、モバイルの検索順位に影響が出てしてしまうことです。

また、Googleスピードアップデートの影響は「表示速度がものすごく遅い場合」のみです。

すでに早い場合は、それ以上改善したとしても今回のアップデートで上位に表示されるというわけではないということですね。

ちなみに、ページ表示速度は、Googleの推奨で0.2秒以下が良いと言われています。

Googleスピードアップデートの対策

単純にサイトの処理スピードを改善することです。

まずは、PageSpeed Insightsを使って、今の自分のサイトのスコアを確認して下さい。

PageSpeed Insights

とりあえずは、評価が60以上であれば合格ラインです。

僕と妻が運営しているアドセンスサイトも、処理スピードを改善してモバイルスコアが90になりました。

サイトの処理スピードを改善して、評価を60以上に改善する方法は、こちらの記事をご覧下さい。

ページ表示速度は運営していると日々変わっていきますので、時々スコアをチェックして、最低でもスコア60以上を維持していきましょう!