Googleアドセンスの『見積もり収益額』の公開は規約違反?

どうも、正太です^^

Googleアドセンスの情報発信をするときに、一つ気をつける必要があります。

それは、AdSenseオンライン利用規約の第9条です。

9.秘密保持

お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、(c)本サービスにおけるベータ版機能の存在およびそれに関する情報、ならびに(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます。Google 機密情報には、お客様による本サービスの利用より前にお客様にとって既知であった情報、お客様の責によらず公知となった情報、お客様が独自に開発した情報、または第三者によりお客様に適法に与えられた情報は、含まれないものとします。本第 9 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。
(引用元:AdSenseオンライン利用規約の第9条

これは、自分のサイトのアドセンス広告のクリック率やクリック単価、未確定な収益額を公開してはいけないということですね。

例えば、○月の収益額が◯○万円いきました!や、コンサル生が◯○円いきました!などでこのように見積もり収益額を公開するのは規約違反になります。

見積もり収益額というのは、実際に振り込まれる金額とは異なります。

AdSenseオンライン利用規約の第9条によると、Googleによる支払総額を正確に開示することができるということですので、実際に振り込まれる確定額であれば公開をしてもいいということになります。

実際の確定額というのは、見積もり収益額から『無効なトラフィック』の額を引いた数字になります。

まぁ、YouTubeアドセンスをやっている人は、そこにYouTube収益がぷらすされるのですが、サイトだけでアドセンスをやっている人であれば、見積もり収益額よりも実際の確定額は必ず下がります。

見積もり収益額を公開していると、規約違反になってしまい、最悪の場合アカウントが停止されます。

特に、見積もり収益額や、クリック率やクリック単価などを公開しているサイトにアドセンス広告を貼っている人は要注意です。