NEMの流出問題と仮想通貨の今後!正太の仮想通貨の影響はどれくらい?

どうも、アフィリエイターの正太です^^

いや〜、今回のコインチェックの流出問題が大問題になっていますね!

連日テレビやニュースでもとりあげられています。

580億円相当の流出問題の犯人を追跡中でソーシャルハッカーの河崎純真さんによると、

コインチェックのNEM流出問題の犯人は愉快犯かもしれないといっています。

組織というよりは個人というイメージがあるみたいですね。

河崎さんによると、お金の動かし方で組織の場合はすぐに現金化したり、すぐに別の物に交換するけど、今回はそういう動きはなく、少しずつ色々なことを試したりという動きが多いので、あまり組織的なイメージはないとの見解を示しています。

一般的に不思議に思うのが、銀行の口座とかでしたら、こういう流出問題が起きた時に凍結とかさせられそうですが、仮想通貨の場合はそうはいかないみたいですね。

京都大学大学院教授で、仮想通貨を研究している元日銀フィンテックセンター長の岩下直行教授によると、

銀行の場合は、銀行を管理している仕組みが存在しますが、仮想通貨というのは分散型といいまして、誰も管理している人がいません。

ですから、仮想通貨の場合は、口座凍結をすると決められる人がいないということです。

ソーシャルハッカーの河崎純真さんによると、

犯人が誰か特定するというのは今の情報だけだと難しいが、NEMを開発しているNEM財団の方ではある程度犯人に目星はついてきたという情報もあがってきているということです。

今は世界中のセキュリティーの最先端のプロフェッショナルが今回の問題を追っているみたいですね。

しかし、肝心のお金を取り戻すということはできるのかということですが、直接犯人がとったカギがわからない限りは、外から取り戻すことはできないということです。

NEMの仕組みで、ブロックチェーンの仕組みが非常に安全性が高いのが逆に裏目に出てしまっているということです。

この問題に関しては、警視庁が今後通信記録を解析するなど、不正アクセスの発信元の特定に向けて本格的な操作にのりだすということです。

なぜ巨額の仮想通貨がわずかな間に流出したのか?

今回の流出問題で指摘されているのは、コインチェックのセキュリティーの甘さです。

利用者は、取引所に口座を開いて、NEMを預けてそこから売買していました。

しかも、コインチェックはすごく初心者でも見やすくて非常にわかりやすい取引所でした。

実際に、ぼくもその理由でコインチェックを使っていましたからね。

その口座というのはサイバー攻撃から守るために、外部のネットワークから遮断することが推奨されているのですが、コインチェックは、NEMについては常時ネットワークに繋げたままでした。

さらに問題とされているのが、口座にアクセスするための文字列、つまり秘密のカギなんですが、本来秘密のカギは3つ以上用意して、1つは取引所、あとの2つを利用者がパソコンなどに分けて管理するのが望ましいとされています。

しかし、コインチェックは、NEMについては、秘密のカギを1つしか用意していませんでした

日本仮想通貨事業者協会の会長の奥山泰全さんによると、

最近の仮想通貨のブームもありまして、参入者の数や取引量も急激に伸びてきたという中で、セキュリティーの取り組みは急ぎ進めてきたが、まだまだ追いつかないところで、こういった脆弱性をついたアプローチをされたということだと認識しているとのことです。

これはコインチェックの問題だけではなく、他の取引所だから安全というわけではないということです。

ここ最近の仮想通貨ブームはまさにそれくらいの勢いで増えてきているので、従来の為替取引とか、証券取引と比べると1年間で急増している参入者の数が1桁ではなく、2桁多いくらいの状況ということですね。

様々な業者がセキュリティーに対しての努力の最中にこういうことが起こってしまったということですね。

京都大学大学院教授で、仮想通貨を研究している元日銀フィンテックセンター長の岩下直行教授によると、

コインチェックがどうして使いやすかったかというと、コインチェックはNEMをたった一つの秘密鍵、たった一つのアドレスで管理してからということです。

つまり、全ての26万人のNEMのお金を一つだけの財布で管理していたんですね

なぜ使いやすかったかというと、その1つの財布を別のシステムで管理していたのです。

そのやり方をすると、すごく取引スピードが早いということです。

コインチェックは便利にしていたが故に安全性が足りなかったということなんですね。

仮想通貨で数億円相当を運営していて、億り人の仲間入りを果たした、びっとぶりっとさんは、コインチェックから資金を今引き出せなくて困っているといことです。

去年あげた利益の確定申告を今年3月にしなくてはいけないが、納税用に用意していたお金がかえってこなくて非常に困っているとのことです。

コインチェックに入れている他の通貨はかえってくるの?

NEM以外にも、他の仮想通貨を買っている人や日本円で入れている人は戻ってくるのかということですが、

日本仮想通貨事業者協会の会長の奥山泰全さんによると、

コインチェックにかんしては、昨年の12月までの業績は非常によかったということと、資本に関しては、出資先としてベンチャーキャピタルとか非常にいくつもの会社が出資をしているので、自己資本的には返せない根拠はないとい見解を示していました。

また、コインチェックの経営者の方々がもともと仮想通貨に関わっている人々で、それこそ仮想通貨で沢山の億り人が誕生したように、コインチェックの経営者にも個人で億り人を達成している人は沢山いることが想像でき、会社だけではなく、個人資産まで考えるとこれくらいの金額が出せる状況はあってもおかしくないという見解を示しています。

普通に考えると、「数百億円とか本当に返せるの?」と心配になりますよね汗

国の対応は問題なかったの?

金融庁はコインチェックに対して業務改善命令を出すとともに、他の取引所の取り組みも緊急に調査していきたいとしていますが、国の対応には問題はなかったのでしょうか。

京都大学大学院教授で、仮想通貨を研究している元日銀フィンテックセンター長の岩下直行教授によると、

日本は仮想通貨の取引所をしっかりと健全にするという取り組みでは、世界で一番進んでいる国であるということです。

日本以外の国でも健全化を進めようとはしているが、日本のようにちゃんと法律を作って、監督官庁が登録をするということはまだ出来ていないみたいですね。

日本の取引所ではしっかりと本人確認をして口座開設をしようとして、誰かわかるようにしていますが、海外はまだそれを出来ていないため、海外から攻撃をされ、海外口座におくられると誰かわからないみたいですね。

日本では、ここ1年でものすごく金額が増えたので、利用者を保護するためにも、できるだけ健全な取引所を登録していこうと、健全でないところは改善を促す監督をしようと国も努力をしていはいるみたいです。

今後の仮想通貨はどうなるのか?

ある50代の女性は、「ゲーム内のお金のようで、現実味がない」

ある20代の男性は、「まだまだ問題はあると思うが、次の通貨になる可能性は十分考えられる」

・・・・など、様々な意見があります。

不安と期待が渦巻く仮想通貨ですが、日本は世界でも有数の仮想通貨大国の道を進んでいます

先週には大手企業など19社が仮想通貨事業にのりだすことを表明しました。

また、LINEも子会社を設立して、仮想通貨事業に参入することを発表しました。

また、仮想通貨少女というアイドルグループも誕生しました。

歌に託して、仮想通貨を利用する際の注意を呼びかけています。

正太の仮想通貨の流出の影響

ぼくも仮想通貨を約300万円ほどでやっていました。

今回のコインチェックの問題ですが、ぼくは余分な日本円も全くいれていませんでしたし、仮想通貨はハードウォレットに大半を移動させていたので、被害は最小限に抑えることができました

ただ、NEMに関しては3000NEMを買っていて、それを別の仮想通貨に1000NEM変更していたので、実際に被害にあったのは2000NEMでした。

まぁ、それもコインチェックさんが88.5円で返してくれるということですので、それを期待しておきたいと思います笑

コインチェックに入れていた仮想通貨は日本円に換算すると約40万円ほどで、残りはハードウォレットに全ていれていましたのでまだ最小限で助かりました。

コインチェックもいつかは引き出せると思いますし(必死にそう信じようとしています汗)。

まぁ、こういう投資というのはやはり余剰資金でやるというのは非常に大切ですし、やはりハードウォレットに移しておくというのは大切ですね^^

今までずっとホールドしておこうと思っていましたが、ここまで上下運動が激しいの、妻と話し合いまして、今度大きく利益が出た時に一度全て売って、出た利益でまた下がった時にやろうという話し合いになりました!

利益だけでやるのであれば気分も楽ですしね^^