どうも、正太です^^

インストールするとワードプレスブログの機能が増える!

プラグインとは小さなプログラムの様なものです。

通常ブログに新しい機能を付けたいとなると、ブログテンプレートの複雑なコードを編集しないといけませんが、プラグインを加えることでその面倒な手間を省くことが出来ます。

ダウンロードしてプラグインを有効化する。

たったそれだけの作業でブログの機能を増やすことが可能です。

(※ダウンロードした後に簡単な設定は必要。)

WordPress を使ってアドセンスブログで報酬を得たいのなら、このプラグインを上手く利用していく必要があります。

けれど、プラグインは便利だからと言って沢山ダウンロードしてしまうと、ブログの動作が重くなったりデザインが崩れるなんてこともあるので、必要最低限のものだけを使用する様に注意しなければいけません。

プラグイン同士が喧嘩して上手く動かないなんてエラーもありしますしね。汗

手に入れるのは簡単だけど意外と扱いが難しいのがプラグインです。

これから、アドセンスブログに必要なプラグインを紹介していきますので、それを参考にインストールと設定を行っていきましょう!

※テンプレートによっては、使用プラグインの指示がある場合がありますので、その場合はテンプレートの指示に従って下さい。

※プラグイン側の度々の仕様変更により作業手順や表示項目が異なる場合があります。

その場合は Google検索で「プラグイン名+使い方or設定」などで手順を見つけることができます。

プラグインのインストール方法

最初にプラグインを紹介する前にインストールの方法の解説をさせて頂きます。

WordPressにプラグインをインストールする方法は2つあります。

1WordPress 内で検索してインストール

2プラグインのアップロード機能を使ってインストール

基本は、1の方法を使ってインストールするのですが、一応2の方法も解説しておきますね。

それでは、インストール方法を確認していきましょう。

1.WordPress内で検索してインストール

まず、ダッシュボードから『プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

検索フォームにプラグインの名前を入力して『プラグインの検索』をクリックします。

目的のプラグインを見つけたら『いますぐインストール』をクリック。

(※必ずしも検索したプラグインが一番上に表示されるわけではありません。)

インストールが完了して下画像の画面が表示されたら、『プラグインを有効化』をクリックするとプログラムが反映されます。

この1のインストール方法が一般的かつ1番簡単な方法です。

WordPress で公式に紹介されているプラグインしか検索は出来ませんが、必要なプラグインのほとんどはこの方法で大丈夫です。

最後に『プラグインを有効化』をしなかった場合でも、後でプラグイン一覧の画面でも有効化が出来ますのでご安心下さい。

2.プラグインのアップロード機能を使ってインストール

この方法は WordPress 検索ではなくプラグイン配布サイトからダウンロードしたプラグインをインストールする時に使用します。

まず、1と同じ様に『プラグイン』→『新規追加』で下画像の画面にいったら、『アップロード』をクリックして下さい。

『ファイルを選択』をクリックしてインストールしたいプラグインを選択します。

(※プラグインは zip 形式のままアップロードして下さい。)

プラグインを選択してファイルの横にも名前が表示されたら、『いますぐインストール』をクリックします。

1と同じ様にインストール完了画面が表示されたら、『プラグインを有効化』をクリックで反映させて完了です。

おすすめなプラグイン9個

1.WP Multibyte Patch

WordPress で日本語を使っても不具合が起きないようにするプラグイン。

2.Broken Link Checker

リンクが無効になったとお知らせしてくれるプラグイン。

3.Google XML Sitemaps

サイトマップページを作るのに必要なプラグイン。

4.All In One SEO Pack

WordPressで検索対策(SEO)を行う為のプラグイン。

5.Contact Form 7

お問い合わせフォームを設置するのに必要なプラグイン。

6.WordPress Ping Optimizer

ブログのping送信を補助するプラグイン。

7.Wordpress Popular Posts

ブログでよく読まれている人気記事を表示してくれるプラグイン。

8.AdSense Integration WP QUADS

アドセンス広告を記事の好きな場所に設置してくれるプラグイン。

9.Akismet

スパムコメントを除外してくれるプラグインです。

以上9個が必要最低限のプラグインです。

プラグインをインストールしよう!

それでは、アドセンスブログに必要なプラグインを紹介していきますので、下記のプラグインを全てインストール&有効化して下さい。

プラグインはそのままコピペで検索をして、同じ名前で表示されたプラグインをインストールしてもらえれば大丈夫です。

紹介しているプラグインのほとんどは検索の1番上に表示されます。

プラグインの1〜3は、インストールして有効化すれば完了です。

4〜9のプラグインは、有効化した後に、初期設定が必要になりまますので、解説していきます。

All in one SEO pack

まず、ダッシュボード左メニューの『All in One SEO』から、『General Setting』をクリックします

設定画面が開いたら上から順に必要項目の設定をしていきます。

【General Settings】という項目で『Canonical URLs』にチェックを入れて、『Use Original Title』を利用に変更して下さい。

【Home Page Settings】でブログの情報を入力します。

ホームタイトル:ブログ名(※32 文字以内)

ホーム詳細(Description):ブログ説明文(※80~120 文字くらい)

この2つは初期設定の時に『設定』→『一般』で入力した、ブログ名と紹介文と同じで問題ありません。

『ホームキーワード(コンマで区切る)』はブログを検索されたいキーワードを入力します。

ここは深く考えず『あなたのブログ名,あなたの HN ブログ』 と入力しておきましょう。

(※アドセンスブログ以外はちゃんと検索されたいキーワードを考える必要あり)

【Title Settings】で『投稿タイトルのフォーマット』を変更します。

(※ここを変更すると検索された時の記事表示方法が変わります。)

初期の状態だと『%post_title% | %blog_title%』と記入されていますが、それを『%post_title%』に変更をして下さい。

コピペをしてもそのまま後ろの『| %blog_title%』の部分を消してもOKです。

この変更で検索エンジンのブログ記事が表示される際には、ブログ記事タイトルのみが表示されるようになりました。

Contact Form 7

まずダッシュボードの左メニューから『お問い合わせ』→『コンタクトフォーム』をクリックします。

コンタクトフォームの編集画面が開いたら、すでに設定済み『コンタクトフォーム1』のショートコードをコピペします。

ショートコードをコピペしたらダッシュボード左メニューから、『固定ページ』→『新規追加』をクリックします。

固定ページ編集画面が開いたら赤枠で囲んである『テキスト』をクリックして、先ほどコピペしたショートコードを貼り付けます。

コードを貼り付けたら固定ページに名前を付けてページを公開して下さい。

公開したページを確認して下記画像の様なフォームが設置されていたら、Contact Form 7 の設定は完了です。

(※お問い合わせは一般設定で登録されているメールアドレスに届きます)

WordPress ping Optimizer

WordPress ping Optimizer はブログの ping 送信を補助するプラグインです。

ping 送信とはブログの更新情報を検索エンジンに送信する機能です。

WordPress は初期設定のままだと記事を修正した時にも ping 送信を行うので、何度も記事を修正するとスパムだと判断されてしまう可能性があるのですが、このプラグインを使用することでそのリスクの回避が出来ます。

ダッシュボードから『設定』→『WordPress ping Optimizer』をクリックします。

WordPress ping Optimizerの設定画面が表示されたら、大きな入力欄に ping 送信先を入力します。

ping 送信先を入力して『Enable pinging』にチェックが入っているのを確認したら、『Save setting』をクリックして WordPress Ping Optimizer の設定は完了です。

大きい枠に記入する ping 送信先は下記ページで紹介している送信先を全てそのままコピペして貼り付けてください。

(※始めから ping 送信先が入力されている場合は設定の必要はありません)

WordPress Popular Posts

ブログでよく読まれている人気記事を表示してくれるプラグイン。

読者さんの興味をひけるので設置するとアクセス数が増えやすくなります。

ダッシュボードの左メニューから『外観』→『ウィジェット』をクリックして、編集画面が開いたらサイドバーに『Wordpress Popular Posts 』を追加します。

実際に表示されるまで時間がかかるケースもありますがこれで設置は完了です。

【基本的な編集】

タイトル:入力したタイトルが表示されるようになります。

表示する数:表示される記事数の設定が出来ます。(※5~10 くらいが見やすい)

サムネール設定:チェックを入れると記事サムネ画像も表示されるようになります。

統計タグ設定:チェックを入れた項目が一緒に表示されるようになります。

編集が完了したら最下部の『保存』をクリックすると適応されます。

Akismet

スパムコメントを除外してくれるプラグインです。

AKismet を設定していないとブログにアクセスが集まる様になった時、1日100件近くのスパムコメントがついてしまうので必ず最初に設定しておきましょう。

Akismet の使用には『API キー』というパスが必要になるので、これからそのキーの取得を行います。

まず、ダッシュボードのメニューからプラグインの画面を開き、【Akismet アカウントを有効化】をクリックします

次の画面で【API キーを取得】をクリックします

【Get an Akismet API key】をクリックします。

E-mail Address:メールアドレス

Username:名前(英語で記入)

Password:英数字を混ぜたパスワード

上記3つを記入したら【Sign up】をクリックします。

次の画面で API キーのプラン選択を求められるので、右の【Personal(無料プラン)】をクリックします。

次の画面が表示されたら始めに右にあるカーソルを左端の『0$』に変更して、左側が下画面の様になったら名前を入力して【CONTINUE】をクリックします。

次の画面で発行された API キーが表示されます。

それと同時に登録したメールアドレスにも API キーが記載されたメールが届くので、大事に保管しておいて下さい。

API キーを取得したらそれをコピーしてダッシュボードに戻り、再びAkismtの設定画面を開き【キーをすでに持っています】をクリックします。

コピーした API キーを入力フォームに張り付け、【変更を保存】をクリックします。

下画像の画面が表示されたら Akismet の設定は完了です。

1番設定が面倒くさいプラグイン Akismet はこれで終了しました。笑

ちなみに、発行した API キーは他のブログでも使用が出来ますので、失くさない様に大事に管理しておいて下さいね。

(※API キーは1つのメールアドレスに対して1つまで取得が可能です)

もし2つ目のブログを作る機会があったら、その時はすでに持っているAPIキーを入力するだけでOKですよ^^

以上で、基本的なプラグインの初期設定は完了です。