WordPress 5.0への更新でブロックエディターが使いづらい時の対処法

どうも、正太です!

最近、WordPress 5.0への更新でブロックエディターという機能がデフォルトになってしまい非常に使いづらいですね。

僕も、最初WordPress 5.0に更新した際、いきなり見たこともない機能に変更になっていたので、『バグった!!』と思い再起動したほどです。

現在のところ、このブロックエディターは有料テンプレートなどでうまく適応できていないので非常に使いづらいです。

ですので、僕は『Classic Editor』というプラグインを使うことによって旧バージョンに戻しています。

このプラグインは、ワードプレスの公式プラグインです。

親しみのあるクラシックエディターを使い続けたいですか ? ご心配なく ! WordPress による Classic Editor プラグインのサポートは、2021年まで続きます。

Classic Editor プラグインは以前の WordPress エディターと投稿編集画面をリストアします。これにより、拡張があるプラグイン、古いスタイルのメタボックスの追加など、以前のエディターに依存したものを使い続けることが出来ます。インストールするには、プラグインページを訪問し「Classic Editor」の隣りにある「今すぐインストール」ボタンををクリックします。プラグインのインストールが終わったら「有効化」をクリックします。たったこれだけです !

アシスティブ・テクノロジーを利用中の方へ: ブロックエディターで、編集にユーザビリティの問題が発生した場合、クラシックエディターの利用を継続することをおすすめします。

引用:WordPress (Classic Editor)

とりあえずは、『Classic Editor』のプラグインを有効化することによって2021年までは旧バージョンでできるということですね^^

使い方は、プラグインをインストールして有効化するだけです。特に設定などは必要ありません。

正直、これまでずっとクラシックエディター(旧バージョン)でやってきて、それで慣れてしまっていますし特に不便さもないので今更変えなくてもいいのになと思っているのですが、また2021年までにはテンプレート側でも対応してくれていると思いますし、ブロックエディターももっと使いやすくなっていると思います(期待を込めて)。

ワードプレスをバージョンアップしないというのも一つの方法ですが、バージョンアップをずっとしないとセキュリティー上、脆弱になってしまいますのでバージョンアップはしておきましょうね^^

ワードプレスの更新は、以下のように表示されます。

今すぐ更新をクリックしてください。

そうすると、最新バージョンに更新されます。

ブロックエディターが使いづらいと思っている人は参考にしてくださいね^^