【2021年版】アドセンスの収益目安とPV数!月10万円稼ぐには?

この記事で解決できる悩み
  1. アドセンスの収益目安とは?
  2. 月10万円稼ぐために必要なPV数
  3. PV単価を上げる方法

 

正太
30代の専業アフィリエイター。アドセンスとASPでサイト総収益1億円達成。
サイト運営の教科書』を期間限定で無料プレゼント中です。

どうも、正太です( ´ ▽ ` )

アドセンスを始める人の中には『目指せ月収10万円!』と思っている人も多いのではないでしょうか?

ですが具体的にアドセンスで月収10万円を達成するにはどれくらいのPV数が必要か、中々分かりづらいと思います。

という訳で、この記事ではGoogleアドセンスの収益目安とPV数の関係性についてお話ししていきます。

僕も妻もサイトを複数運営していますが、この記事は2021年の1月〜5月までの期間で、実際の夫婦のサイトのデータを根拠に記載しています。

それでは、どうぞ!

アドセンス収益目安はPV単価で大きく変わる

結論から言いますと、アドセンス収益目安は1PVあたりの単価で何倍も変わる場合があります。

PV(ページビュー)とは、Webサイトに訪問したユーザーがそのWebサイトのページを閲覧した回数のことです。 ユーザーのブラウザにページが1回表示されると1PVになり、違うページを見ると2PVになります。

よく、ユーチューバーの人達が「1再生あたり〇〇円でこれは再生時間やジャンルなど人によって違うよね〜」などと言ったりしてますが、ブログやサイトでも同じように1PVあたりの単価が『扱うネタやジャンルで大きく異なります

単純に1PV単価が0.1円と0.5円であれば、同じPV数でも収益は5倍変わってきますからね。

あなたのPV単価を計算してみよう

今までの説明で、PV単価がわかればアドセンスの収益目安を把握できると分かりましたね^^

それでは、実際にあなたが今運営しているブログのPV単価を計算してみましょう。

PV単価の計算方法は以下のとおりです。

1PVの単価=推定収益額➗PV数
『推定収益額』と『PV数』はアドセンスの管理画面で調べてください。GoogleアナリティクスのPV数はアドセンスの管理画面よりも多くカウントされる傾向があります。

また、PV単価を求める際は最低でも1ヶ月以上にしましょう。

アドセンス広告は1クリックあたり平均20円〜30円くらいなのですが、僕は過去に1クリックで1万円ほどの経験がありました。おそらく広告をクリックした人が何かしら契約したのかもしれませんね。そういう場合は、当然PV単価は一時的に跳ね上がりますので本来の数字とは異なります。

正太
大数の法則で、期間を長く見る方がより正確なPV単価が分かりますよ。

PV単価ごとのアドセンス収益目安一覧

PV単価ごとのアドセンス収益目安をお伝えする前に、PV単価の目安をご説明したいと思います。

今回は1PVの単価『0.1円〜0.7円』で、僕や妻のこれまで数十サイト運営してきた経験と2021年の実際のデータを基準にしています。

  • 0.1円=かなり安い(夫婦のサイトにはない)
  • 0.2円=若干安いかなぁくらい
  • 0.3円=平均点
  • 0.4円=十分高い
  • 0.5円=かなり高い
  • 0.6円=正太のサイトの最高単価
  • 0.7円=年単位の平均では経験がない

PV単価 0.1円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 1,000円
3万PV 3,000円
5万PV 5,000円
10万PV 10,000円
15万PV 15,000円
20万PV 20,000円
30万PV 30,000円
40万PV 40,000円
70万PV 70,000円
100万PV 100,000円
200万PV 200,000円
300万PV 300,000円

PV単価0.1円の場合は、月収10万円を達成するには月間100万PV必要です。

正直、PV単価0.1円の場合はかなり大変です。1日のPV数が100PVとか、まだサイトが成長していなくてアクセス数が安定していない場合はありえますが、年単位の平均PV単価が0.1円の場合はかなり苦戦するのでサイトの見直しが必要かもしれませんね。

僕も妻も、年単位の平均PV単価0.1円台はこれまでに経験がありません。

正太
月間100万PVで月10万円はちょっと悲しすぎますね。よっぽどアクセスが集まるジャンルであれば別ですが。

PV単価 0.2円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 2,000円
3万PV 6,000円
5万PV 10,000円
10万PV 20,000円
15万PV 30,000円
20万PV 40,000円
30万PV 60,000円
40万PV 80,000円
50万PV 100,000円
70万PV 140,000円
100万PV 200,000円
200万PV 400,000円
300万PV 600,000円

PV単価0.2円の場合は、月収10万円を達成するには月間50万PV必要です。

正太
PV単価0.2円台は若干物足りない数字ですが、その分ライバルが少なくなります。僕も妻もこの価格帯のサイトは持ってますよ。

PV単価 0.3円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 3,000円
3万PV 9,000円
5万PV 15,000円
10万PV 30,000円
15万PV 45,000円
20万PV 60,000円
30万PV 90,000円
34万PV 102,000円
40万PV 120,000円
50万PV 150,000円
70万PV 210,000円
100万PV 300,000円
200万PV 600,000円
300万PV 900,000円

PV単価0.3円の場合は、月収10万円を達成するには月間34万PV必要です。

正太
PV単価0.3円はこれまで色々なジャンルのサイトを扱ってきて平均的な数字かと感じます。

PV単価 0.4円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 4,000円
3万PV 12,000円
5万PV 20,000円
10万PV 40,000円
15万PV 60,000円
20万PV 80,000円
25万PV 100,000円
30万PV 120,000円
40万PV 160,000円
50万PV 200,000円
70万PV 280,000円
100万PV 400,000円
200万PV 800,000円
300万PV 1,200,000円

PV単価0.4円の場合は、月収10万円を達成するには月間25万PV必要です。

PV単価0.4円あれば十分高いです。単価が2倍なのはPV数が2倍なのと同じですからね。

PV単価 0.5円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 5,000円
3万PV 15,000円
5万PV 25,000円
10万PV 50,000円
15万PV 75,000円
20万PV 100,000円
30万PV 150,000円
40万PV 200,000円
50万PV 250,000円
70万PV 350,000円
100万PV 500,000円
200万PV 1,000,000円
300万PV 1,500,000円

PV単価0.5円の場合は、月収10万円を達成するには月間20万PV必要です。

正太
年単位の平均PV単価が0.5円以上あるサイトは僕の場合は3割ほどです。

PV単価 0.6円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 6,000円
3万PV 18,000円
5万PV 30,000円
10万PV 60,000円
15万PV 90,000円
17万PV 10,2000円
20万PV 120,000円
30万PV 180,000円
40万PV 240,000円
50万PV 300,000円
70万PV 420,000円
100万PV 600,000円
200万PV 1,200,000円
300万PV 1,800,000円

PV単価0.6円の場合は、月収10万円を達成するには月間17万PV必要です。

正太
年単位の平均PV単価0.6円台は、僕のサイトの中でも1サイトのみです。

PV単価 0.7円の収益目安

月間PV数 アドセンス収益
1万PV 7,000円
3万PV 21,000円
5万PV 35,000円
10万PV 70,000円
15万PV 105,000円
20万PV 140,000円
30万PV 210,000円
40万PV 280,000円
50万PV 350,000円
70万PV 490,000円
100万PV 700,000円
200万PV 1,400,000円
300万PV 2,100,000円

PV単価0.7円の場合は、月収10万円を達成するには月間15万PV必要です。

正太
例えば1週間の短いスパンであればこの単価はありますが、年単位の平均値で0.7円台は僕も妻も経験がありません。凄い数値だと思います。

PV単価を上げる方法

PV単価を上げる方法として考えられるのは以下の2種類です。

  • アドセンスの単価が高いジャンルを選ぶ
  • ASPを併用する

アドセンスの単価が高いジャンルを選ぶ

結論から言うと、Googleアドセンスで単価の高いジャンルは『ASPアフィリエイトの高額案件が数多く存在するジャンル』です。

例えば、以下のようなジャンルがあります。

保険系 生命保険・がん保険・火災保険など
美容系 ダイエット・美容整形・AGA治療など
健康系 サプリ・インプラント・健康食品など
恋愛系 婚活・出会い系・結婚式など
教育系 英会話・資格・予備校・留学など
法律系 遺産相続・離婚・法律相談
仕事系 転職・就職・派遣など
金融系 クレジット・カードローン・キャッシングなど
その他 不動産・宝石・冠婚葬祭・車関係など
お金が発生するジャンルはアドセンス単価が高いです。

ですが、アドセンス単価が高いジャンルは企業も狙ってきますのでかなりの激戦区です。

また、YMYL(Your Money or Your Life)と言って、将来の幸福、健康、金融など、人々のお金や人生に影響を与えるジャンルはGoogleの「検索品質評価ガイドライン」の項目の一つであり、知識がない初心者さんが手を出すとサイト全体の検索順位が下がる可能性もあります。

ただ、YMYLが絶対ダメというわけではありません。僕も2020年1月にYMYL系のジャンルでサイトを作りましたが、開始5ヶ月で1日のアドセンス報酬が2万円を超えるまでに急成長しました。

ただ、それはサイトで稼ぐための知識や長年の経験値があったから出来たことです。初心者さんは最初は手を出さない方が無難ですよ(^^;;

ASPを併用する

アドセンスはジャンル選定をした時点で、ある程度PV単価は決まってきます。

どれだけ広告の配置にこだわったとしても、単価が低いジャンルでPV単価0.7円は難しいです。

そのため、単価を上げたい場合はアドセンス以外の ASP と呼ばれる「成果型アフィリエイト」を利用するのも一つの手です。

ASPには様々な種類がありますが、これらを組み合わせることによってPV単価を上げることが出来ます。

おすすめのASP
  • A8.net(王道のASP)
  • バリューコマース(案件も多くA8とセットがおすすめ)
  • もしもアフィリエイト(審査等はなく使いやすいが案件は少な目)
  • Amazon アソシエイト(審査は通りにくいが一番使い勝手が良い)
  • 楽天アフィリエイト(もっともシンプルかつ敷居が低い)
ここら辺は基本なASPですので、登録しておきましょう。

PV単価が高いから稼げるという訳ではない

アドセンス単価を高いジャンルを選べば稼ぎやすいと思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。

なぜなら、PV単価が高いジャンルは『ライバルが強い』からです。

アドセンス単価が高いジャンルは企業もガンガン入ってきまし、アルゴリズムの変動も受けやすいです。

どれだけ高単価な記事を書いたとしても、検索結果で上位表示されなければアドセンスで稼ぐことは出来ません。

僕もPV単価が0.5円以上のサイトは複数運営していますが、PV単価が低いジャンルだけでも月数十万円稼いでいます。

PV単価が高いジャンルは、ブログやサイトである程度稼げるようになってからチャレンジしてみましょう!

正太
アドセンスで稼ぐためには、アドセンスで稼ぐための戦略があります。僕や妻がアドセンスで稼ぎ続けてこれたのはアドセンスで稼ぐことに特化した独自のやり方を実践してきたからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です