Googleアナリティクスで「新規プロパティ」を追加する方法

どうも、正太です^^

今回は、Googleアナリティクスの「新規プロパティ」の追加方法について解説します。

自分のブログやサイトの状態を見て戦略を立てたりする時などにも使用が出来るので、アフィリエイトをするのなら絶対に設置しておきたいツールです。

この記事を機に、しっかりと設定しておきましょう。

Googleアナリティクスで「新規プロパティ」を追加する方法

まず、Google Analyticsの公式HPにアクセスします。

「管理」をクリック。

「プロパティを作成」をクリック。

「プロパティ名」を入力します。僕の場合はサイト名にしています。

「レポートのタイムゾーン」「通過」をそれぞれ「日本」を選択。「詳細オプションを表示」をクリック。

右上の、「ユニバーサルアナリティクスプロパティの作成」を「オン」にしましょう。

Googleアナリティクス4とユニバーサルアナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックをし、「次へ」をクリック。

「ビジネスの規模」「利用目的」にチェックし、「作成」をクリック。

すると、このような画面が出てきます。まずは、最新バージョンの「GA4アナリティクス」を設定していきましょう。

グローバル サイトタグ(gtag.js)」をクリック。

解析タグ」が表示されるので、全て選択してコピーしてください。

WordPressのダッシュボードから、「外観」⇨「テーマエディター」をクリック。

注意事項が出ます。「理解しました」をクリック。

header.php(テーマヘッダー)」をクリック。

トラッキングコード(解析タグ)を貼り付けたら『ファイルを更新』をクリック。「GA4アナリティクス」の設定は完了です。

実際に、ちゃんと設定されたか動作確認をしてみましょう。「プロパティ名-GA4」を選択し、「すべてのウェズサイトのデータ」をクリック。

スマホやPCで新規プロパティに追加したサイトを開いた状態で、このように反映されていれば設定完了です^^

「UA(ユニバーサルアナリティクス)プロパティのコード埋め込み

現段階では、まだ最新バージョンの「GA4アナリティクス」の設定が完了しただけで、旧バージョンの「ユニバーサルアナリティクス(UA)」設定はまだできていません。

旧バージョンの「UA」も是非設定しておきましょう!

「UA-プロパティ名」を選択し、「すべてのウェズサイトのデータ」をクリック。

「管理」をクリック。

「トラッキング情報」をクリック。

トラッキングコード」をクリック。

解析タグ」が表示されるので、全て選択してコピーしてください。

「GA4アナリティクス」の解析タグを埋め込んだ時と同じ箇所に、「header.php(テーマヘッダー)」でトラッキングコード(解析タグ)を貼り付けたら『ファイルを更新』をクリック。

このように、サイトを閲覧した時にデータが反映されていれば「ユニバーサルアナリティクス(UA)」の設定も完了です。

 

テンプレートが『ストーク』を使用している場合

WordPressのテーマのテンプレートが、当サイトと同じように『ストーク』を使用している場合は、非常にシンプルです。

「UA-」から始まるトラッキングIDをコピーしたら、WordPressにアクセスします。

WordPressのダッシュボードから、外観⇨カスタマイズをクリック。

『アクセス解析コード』をクリック。

GoogleAnalyticsの項目にコピーした「UA-」から始まるトラッキングIDを貼り付けます。

【保存】をクリックすれば、WordPressとGoogleアナリティクスの紐付けが完了します。

「サイト運営の教科書」無料プレゼント中!