『テーマ』の選び方と設定方法

管理人のピヨスケです^^

サイト運営でアクセスを集めるためには内容も大事ですが、見た目も重要です。

見た目が素人のようなサイトよりも、デザインがしっかりしているサイトの方がそれだけで信頼性がありますよね。

また、読者さんが読みやすいサイトというのはリピーターになってもらいやすくなります。

今回の講義では、サイトの見た目(デザイン)の骨組みとなる『テーマ』について解説します。

テーマの選び方

サイト運営をする上で、『テーマ』は下記の2つの条件を満たしていればOKです。

  1. スマートフォンに対応している
  2. カスタマイズがしやすい

 

順番に説明していきますね〜

①スマートフォンに対応している

今は、大半の人がスマホを持っています。

サイトのアクセス数はパソコンよりもスマホからの方が多いです。

実際に、ピヨスケのサイトのアクセスも70%以上がスマートフォンからです。

スマホ対応していないテーマの場合、パソコンで見たときは問題ないのですが、スマホから見ると非常に見づらくなってしまいます。

そうなると、せっかく訪問してくれた読者さんはサイトを離れてしまいますよね

必ずスマートフォンでも見やすい『テーマ』を使いましょう!

スマートフォンでアクセスをしても画面の大きさを自動的に調整してくれる、レスポンシブデザインの機能がついてるテーマがおすすめです。

②カスタマイズがしやすい

WEBサイトには差別化が必要だからです。

なぜなら、同じようなデザインのサイトがあまりにも多くあふれていると、Googleからスパムだと勘違いされてしまい、サイトが検索の上位に表示されなくなるペナルティを受ける可能性があるからです。

特に初心者さんは人気のテーマをダウンロードして、カスタマイズをせずそのまま使ってしまう場合が多いのですが注意して下さい。

HTML&CSS と画像編集に詳しい方なら様々なカスタマイズの技術があるので、どんなテーマでも問題はありませんが、そうでない方はカスタマイズがしやすいテーマを選択しましょう。

ピヨスケおすすめの『テーマ』

せっかくサイト運営を勉強している読者さんには、ピヨスケがおすすめのテーマを特別にお伝えします。ちなみに、ピヨスケはこれまで六年間ほどサイト運営をしてきましたが、全てのサイトが有料テーマを使っています。

なぜかというと、無料テーマよりも有料テーマの方が圧倒的に使いやすいからです。今後しっかりとサイト運営をしていきたい人は100%有料テーマをお勧めします。

もちろん、ピヨスケがサイト運営をする上で実際に使っている『テーマ』です。

ピヨスケがおすすめするテーマは全て有料テーマです。ピヨスケはこれまで様々なテーマを試してきました。沢山の有料テーマも購入してきましたが、その中でも厳選して使いやすいテーマを特別にご紹介します。

 

『 OPENCAGE 』公式サイトストーク
お値段:10,800円 ストーク



ブロガー専用のWordPressテーマ「OPENCAGE:ストーク」

モバイルファースト思想でつくられたサイト運営専用のテーマです。

ウィジェットやカスタマイザーを利用して簡単にオリジナルデザインのブログを構築することができます。

ちなみにピヨスケは、ストークのヘビーユーザーです(笑)

 

ピヨスケが運営しているサイトの大半はストークで作成しています。

また、当サイトもストークを使用しています。

ストークは一度購入すれば、何回でも使用ができます。つまりサイトごとに毎回購入する必要がないということですね。ピヨスケも一度購入しただけで、今では数サイトにわたってストークを使い倒しています^ ^

ピヨスケはストークの最新版STORK19ではなく、昔に購入したので旧バージョンのストークを使用していますが、どちらでも大丈夫です!



ピヨスケは、本当にかなりの有料テーマを購入してきましたが、一番最初に何を買うべきかと言われれば、100%ストークをおすすめします。

理由は、圧倒的に使いやすいからです!

ちなみに、ピヨスケが運営しているサイトの一部では、同じOPENCAGEのスワローも使用しています。


こちらもストークと似ていますが、少し中級者向きですので、最初はストークをおすすめします。

無料テーマでももちろんサイト運営は始めることができます。ですが、ピヨスケ的にはストークがあるから楽しくサイト運営ができています。自分の思うようにサイトをデザインすることができますからね♫ピヨスケはもう6年間もサイト運営をしています。その投資としてストークを一つ持っておくというのは非常に費用対効果はいいと思いますよ〜。ぜひお試しあれ。

ストークの設定方法

 

それでは、ストークを購入できれば、テーマをサイトに設定しましょう。

「外観」→「テーマ」をクリック。

『新規追加』をクリック。

『テーマのアップロード』をクリック。

『ファイルを選択』をクリック。

zip形式のままファイルをアップロードします。

ファイルを選択できれば、『今すぐインストール』をクリック。

『有効化』をクリック。

こちらでストークのテーマを有効化できました。

続いて、ストークの場合は、子テーマもインストールして有効化する必要があります。

子テーマのダウンロード・導入の説明(公式ページ)

公式ページより、対象のテーマの子テーマをダウンロードしてください。

ストークを購入された場合は、ストーク用。ストーク19を購入された場合はストーク19用をダウンロードしてください。

ピヨスケは、ストークを購入していますのでストーク用の子テーマをダウンロードします。

同じように、『テーマのアップロード』もZIPファイルのまま「子テーマ」をアップロードし有効化しましょう。

こちらで有効化完了しました。実際にサイトを表示してみましょう。

さすがストークですね!ピヨスケ的には、新規サイトにストークのテーマを入れるだけで、今後どのようにカスタマイズしていくかワクワクしてきます♫

 

ストークの使い方やカスタマイズの方法は、ストークの公式サイトに詳細に説明されていますのでこちらを確認しながら色々カスタマイズしてみてくださいね。

次の講義では、記事の書き方や画像の入れ方について解説していきますよ。

アドセンスで5000万円を稼いだ手法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です