【2021年5月】Googleアドセンス審査方法と合格するまでの手順

この記事で解決できる悩み

 

正ちゃん
独立8年目で本業はサイト運営。アドセンス通算7000万円突破、ASPや情報発信も含めたサイト総収益1億円達成。
サイト運営の教科書』を期間限定で無料プレゼント中です。

どうも、正ちゃんです( ´ ▽ ` )

この記事で解説する『Googleアドセンス審査方法と合格するまでの手順』を実践すれば、Googleアドセンス審査に合格するための最新情報がしっかり理解できますよ。

サイトを収益化するためにGoogleアドセンスは必須ですが、あなたは審査を通過できましたか?

アドセンス審査合格ノウハウは、都度変わっていきます。

今回は、Googleアドセンスの審査に合格するための2021年5月時点での最新情報をお届けします。

アドセンスの審査合格は、これからブログを始める人にとっては最初の大きな壁になります。

Googleアドセンスの審査に関しては、色々な情報がありどれが正しいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

この記事では、2021年に入ってからアドセンス審査に合格したブログや合格までの体験談をいくつかご紹介させていただきます。

実際に合格したブログをみると、より審査合格のイメージを明確にできると思います。

それでは、どうぞ!

【2021年】Googleアドセンス審査とは?

出典:Google Adsense

ブログやサイト運営をしたからといって、すぐにアドセンス広告を掲載できるわけではありません。

まずは、Googleが『このサイトにスポンサー(広告)をつけても大丈夫かな?』と判断するための審査があります。

例をあげてご説明します。

もしあなたが飲食店を開いたとします。

オープンしたばかりで、まだ店の集客ができていないので、Googleにお金を払って広告を出したとします。

あなたの出稿した広告が、ただの個人の日記記事やアダルトサイト、殺人事件などを取り扱ったサイトに掲載されたと想像して下さい。

正ちゃん
・・・いかがでしょうか?あまり良い気分ではないかと思います。

せっかくお金を払って広告を出稿したのに、このようなサイトにのせられるのであれば、もうGoogleに広告を出稿するのはやめようと思いませんか?

せっかくお金を払って宣伝をするのであれば、「読者に価値を提供できているサイト」に掲載してもらいたいですよね。

このように、「Googleが、広告主が安心して広告を出稿できるサイトかどうか?」を判断するのがGoogleアドセンス審査です。

【2021年】Googleアドセンス審査傾向と難易度

Googleアドセンスの審査は、年々厳しくなっています。

数年前までは、無料ブログに5記事程度の日常の日記記事を書いただけの「価値のないブログ」でも簡単に合格できました。

しかし、今では無料ブログで申請しても通過できません。

後ほど説明しますが、独自ドメイン (オリジナルドメイン)を取得する必要があります。

Google側も広告主を守るために必死ですので、事前審査でこちら側の本気度を確かめています。

正ちゃん
ただ、これは広告主の立場からしたら当たり前なんですよね。昔はGoogle側もスタートしたばかりでしたので手探りでしたが、現在は成熟して本来あるべき姿になったと感じます。

【2021年】Googleアドセンス審査に通りやすい7つのポイント

そもそも、Googleアドセンス側が「申し込みの条件として3つの条件」を明記しています。

アドセンス申し込みの条件
  1. 他にはない魅力があるか
  2. 操作が簡単でわかりやすくなっているか
  3. ユーザーの興味を引く独自のコンテンツがあるか

参考:サイトのページが AdSense のご利用条件を満たしているか確認する

 

Googleアドセンス審査に合格しているブログには、審査に出すときの記事内容や文字数、記事数、画像の有無などに共通した特徴があります。

今回は、2021年にアドセンス審査に合格したブログを分析し、最新のアドセンス審査に通りやすい7つのポイントをお伝えします。

しっかりとそれぞれの合格ポイントを押さえましょう!

1.記事内容

審査に合格しやすい記事とは、「独自性があり、読者にとって有益な内容」です。

Googleは、ネットに同じような記事内容ばかりが乱立していても意味がないと判断します。

そのため、ネットから引っ張ってきた記事とほとんど同じような内容のものでは不合格となります。

独自性とは、「ネットの記事にはまだない切り口や、あなたのブログにしかないオリジナル情報」です。

たとえば、あなたの体験談や何かしらの感想記事、取材記事などです。

有益な内容としてわかりやすいのは、「ユーザーの悩みや疑問を解決する情報」です。

たとえば、「魚釣りを始めたい人」に向けて、おすすめの釣竿やおすすめスポット、餌の情報、釣り方などを解説する記事です。

魚釣りを始めたい人が、あなたの記事を見て悩みを解決できますよね。

このように記事の読者にとって、ためになるものを書きましょう!

2.文字数

1記事あたりの文字数は、2021年にアドセンス審査に合格しているブログを見ていると「1500文字〜2000文字」程度が多いです。

もちろん2000文字以上になる場合は問題ないですが、あまり文字数が少ない場合は「内容が薄い」となり審査不合格になる可能性があります。

3.記事数

2021年に審査に合格しているブログを見ていると、一発合格している場合は「審査申請時に6記事、合格通知時に9記事」程度が多いです。

合格したブログは、アドセンス申請後も、合格通知が来るまでしっかりとブログの更新を続けているケースが多いです。

4.画像

画像は、「オリジナル画像or著作権フリー素材」を使用しましょう。

有名な著作権フリー素材

 

この2つは素材の数が多いので、フリー素材に関してはひとまずこの2つを押さえておけば大丈夫です。

中にはWikipediaの画像を持ってきて、引用元を明記して合格しているケースもありますが、アドセンス申請時はやめておいたほうが無難です。

著作権違反画像は掲載するのはNGです。

Googleアドセンス審査の画像に関する詳細は、『Googleアドセンス審査に画像は必要?altタグ(代替テキスト)はいるの?』で詳しく書いていますのでご覧ください。

5.カテゴリー

2021年にアドセンス審査に合格しているブログのカテゴリー数を見てみると、「1〜10個までと幅広い」です。

また、一つのカテゴリーあたりの記事数もバラバラですので、カテゴリーに関してはあまり気にしなくて大丈夫です。

6.お問い合わせ・プライバシーポリシー

「お問い合わせ先、プライバシーポリシーページ」は申請前に用意しましょう。

お問い合わせ先は、お問い合わせフォームやメールアドレス、SNSでも問題ありません。

何かあった時に管理人と連絡が取れないブログは信用性が低くなります。

プライバシーポリシーとは、 「インターネットのウェブサイトにおいて収集した個人情報を、どのように扱うのかなどをサイト管理者が定めた規範」です。

実際なくても合格しているブログは多いです。しかし、プライバシーポリシーは本格的にブログをするのであれば必須ですので、事前に用意しておきましょう。

ちなみに、アドセンスの広告が配信される場合にはプライバシーポリシーが必須となります。

7.操作性の高いページ作り

アドセンス審査に合格するためには、ブログを見てくれるユーザーが見やすいコンテンツ作りをしなければいけません。

例えば、記事の中に入れている画像があまりにも大きすぎると、読者はスクロールを沢山しないと本文を読めなくなります。

また、適度な改行がなかったり誤字脱字が多い文章は読みづらいものです。

記事を書き終わった後、自分のブログを「スマホやPC」でも見て見やすいか確認してみましょう。

【2021年】合格したアドセンス審査用ブログ例

実際にどのようなブログを作ればアドセンス審査を無事通過できるのでしょうか?

ここでは、2021年に入ってからアドセンス審査に合格したサイトをいくつか月毎に分けて掲載します。

これらのサイトは、ボクのコンサル生や、合格をネット上で一般公開している人のサイトをまとめているものです。

アドセンス審査は近年難しくなっており、何回も不合格になる人が続出しています。合格するための一番の近道は、直近でアドセンス審査に合格した人のサイトやブログをみて「書き方やデザインなどを参考にする」です。

その際の注意点として丸パクリは絶対にしてはいけません!丸パクリをしてしまうと、当然真似された側もいい気分がしませんし、丸パクリをしたタイトルや記事の場合ミラーコンテンツとなり絶対に審査に合格できません。記事やデザインをパクるのではなく、あくまでも『参考』にするようにくれぐれもご注意下さい。

【2021年】アドセンス審査に通過したブログ例とWordPressテーマ

アドセンス合格月 ブログ WordPressテーマ(合格当時)
2021年5月 トリイク
はまりほ THE-THOR
2021年4月 晴耕雨読 藤野紫菊 AVRIL
うつ病夫婦
auto-blog
はぴあブログ SWELL
GUMILOG affinger5
つばさんち Cocoon
スイス暮らしのブログ SWELL
2021年3月 Nekoron Blog liquid
おしょうブログ Cocoon
安いけど素敵な結婚式を挙げるためのブログ Cocoon
トムオス Cocoon
はげろぐ Cocoon
競馬に関するブログ Cocoon
金持ちとーちゃんブログ LUXERITAS
てくライフ Cocoon
くまさんくらっせ SWELL
なーすいっち
猫になりたい女のおうち時間
2021年1月 いちごと学ぶ中国語 ストーク19
トリカズブログ Cocoon
しいたけ。の箱庭ブログ Cocoon
てる基地 Cocoon
ねこはこばんを稼ぎたい JIN
Maru Guide affinger5
HIMONO media Blossom Travel
そよろぐ affinger5
学ぶ!WEBエンジニア SANGO

【2021年】アドセンス審査に通過したブログの合格詳細

アドセンス合格月 ブログURL 合格詳細
2021年5月 はまりほ 最初の記事アップが4/13。アドセンス申請が4日後の4/17。合格通知が2週間後の5/1。申請時の記事数9記事、合格通知が来た時は28記事。1発合格。
2021年4月 晴耕雨読 藤野紫菊 3/19ブログ開設 3/26アドセンス申請出し 4/6アドセンス合格 記事は20記事ぐらい。 申請出した時は16記事
auto-blog ブログ開設して2ヶ月後に審査合格。
はぴあブログ ブログ開設して1ヶ月、5記事で1発合格。申請後1日で合格通知
スイス暮らしのブログ 3月25日に申請、4月5日に審査に合格。
2021年3月 Nekoron Blog 5記事で審査合格
おしょうブログ 5記事で申請し、15日後の合格連絡
安いけど素敵な結婚式を挙げるためのブログ 申請時は8記事、審査期間は1週間
トムオス 申請だしてから審査結果が来るまで3週間
競馬に関するBLOG 審査期間10日
金持ちとーちゃんブログ 約1ヶ月で審査合格
てくライフ 2/28に申請し、3/4に結果が来たので、審査期間4日。6記事で申請、9記事の時点で審査完了
くまさんくらっせ 2回目のGoogleアドセンス審査で合格
なーすいっち 審査一発合格

【2021年】Googleアドセンス審査の注意点

Googleアドセンス審査を申し込む上で、絶対に押さえておかなければいけない注意点を解説します。

独自ドメインが必須

2021年現在、初回のGoogleアドセンス審査に関して、有料の独自ドメインが必須です。

無料ブログ(アメブロやSSブログ、ライブドアブログ、FC2ブログなど)では、審査に申し込めませんのでご注意下さい。

正ちゃん
ただし、初回でアカウントが取得できれば、2回目以降のサイト審査では、「はてなブログ」などの無料ブログで申請できます。無料ブログでアドセンス審査に合格した声は、この2回目以降の審査です。

アドセンスポリシー遵守

アドセンスポリシーとは、Google、広告主、広告掲載者が互いに良好な関係を続けていくための、アドセンス広告運営におけるGoogleの方針です。

アドセンスポリシー違反をしているブログは審査に不合格になりますし、合格後も必ず守らなければいけないルールです。

分かりやすいところでいうと、以下の内容は絶対に書いてはいけません。

  • 成人(アダルト)向け
  • 特定の団体や個人を誹謗中傷する内容
  • コピーコンテンツ
  • 法律に違反している内容(詐欺など)
  • アルコールやタバコ、ドラッグなどを勧める内容
  • 暴力的な内容
  • ギャンブルを促す内容

Googleアドセンスのルールブックは一度必ず目を通しましょう。

アドセンスルールブック

 

Googleアドセンスのポリシー違反について分かりやすくまとめましたので、こちらの記事もご確認下さい。

【2021年】アドセンス審査合格までの流れを4ステップで紹介

それでは、Googleアドセンス審査に合格するまでの手順を解説します。

ここでは、申請方法を4つのステップに分けてわかりやすく解説します。

STEP1.Googleアカウント取得

Googleアドセンスを始めるためには、「Googleアカウント」が必要です。

まだ取得していない場合にはGoogleアカウント作成ページでアカウントを作りましょう。

個人的には、普段のプライベートと色々混ざらないように、この際WEBサイト用として専用アカウントをおすすめします。

また、セキュリティーアップのために二段階認証にしておきましょう!

やり方はこちらの記事を参考にして下さい。

STEP2.WordPressインストール

次は、WordPress(ワードプレス)をインストールしましょう。

現在は独自ドメインでないとアドセンス審査に申し込みはできません。

独自ドメインとサーバーを契約し、WordPressをインストールして下さい。

やり方は、下記記事の通り順番に進めていただければ大丈夫です!

STEP3.審査用記事作成

WordPressがインストールできれば、審査用の記事を書いていきましょう。

記事の書き方などは、審査合格したブログ記事を参考にするのが一番早いですよ!

STEP4.Googleアドセンス審査申し込み

サイトの作成ができて、審査用の記事ができましたら、Googleアドセンスの審査に申し込んでみましょう。

 

『ご利用開始』をクリック。

サイトのURLと、メールアドレスを入力し、項目にチェックを入れ『保存して次へ』をクリック。

国を選択します。

利用規約が表示されるので、チェックをして『アカウントを作成』をクリック。

Googleアドセンスの管理画面に進みます。『次へ進む』をクリック。

Googleアカウントが生年月日を入力していない場合、生年月日を登録する必要があります。

設定していない場合でも、「こちら」からと表示されたリンクから設定するできますので安心して下さいね。

『生年月日』を入力し、更新をクリック。

支払先の住所を入力する必要があります。

これは、後ほどGoogleから本人確認のため、登録住所に『pinコード』が届きますので、必ず郵便物が届いてもいい正しい住所を入力して下さい。

アカウントのセキュリティを保つため、Google では、お支払いの前に住所を確認させていただいております。住所確認の流れは次のとおりです。

  1. AdSense での収益が認証の基準額に達すると、お支払い先住所に個人識別番号(PIN)が郵送されます。
    PIN は通常 2~4 週間以内にお手元に到着しますが、お住まいの地域によってはそれ以上かかる場合もあります。
  2. PIN が届いたら、AdSense に番号を入力して、住所確認を行います。PIN の入力は発行日から 4 か月以内に行ってください。PIN を入力せずに 4 か月が経過すると、お客様のページへの広告配信が停止されます。

AdSenseヘルプより引用

ちょっと話がそれてしまいましたが、次に進みましょう。

アカウントの種類(個人かビジネスか)を選択します。個人のブログやサイトを登録する場合は「個人」、法人などの場合は「ビジネス」となります。

その後、住所と名前を記載します。登録名はアドセンスで報酬を受け取る銀行口座と同じ名義にしておきましょう!良ければ「送信」をクリックします。

次に、Adsense広告専用のコードの設定をします。Googleアドセンスのアカウントを有効にするためには、広告コードを広告配信するサイトのソースコードにテストで埋め込む必要があります。

まず提示されている、アドセンス専用コードをコピーします。ちなみに後で分かるのですが、これは自動広告配信専用のコードなので、不要であればAdsenseの審査完了後にソースコードから削除してもOKな感じです。

今回は、サイトをインストールした際に『最初に入っていたテーマ:Twenty Twenty』でアドセンスコードを入れてみたいと思います。

無料テーマの大半が、『headerファイル』をいじる必要がでてきます。

『外観』→『テーマエディター』をクリック。

『テーマヘッダー』をクリック。

ヘッドタグの下にアドセンスコードを貼り付けましょう。

貼り付けができたら、『ファイルを更新』をクリック。

コードを貼り付けたら、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れて、完了ボタンを押します。

審査は、長くて2週間ほどかかります。審査中もより合格を確実にするために、しっかりと記事を更新しましょう。

WordPressテーマがストークの場合

正ちゃん
当ブログでも使用している『ストーク』を使う場合は、簡単にコードを埋め込めます!

WordPressテーマがストークの場合は、ややこしい『headerファイル』をいじらなくてもいいので非常に簡単です。

『外観』→『カスタマイズ』をクリック。

『headタグ・アクセス解析コード』をクリック。

< head >タグ内の箇所に、アドセンス審査コードを貼り付けます。

貼り付けた後に、『公開』をクリックし忘れないでくださいね。

その後の処理は、最初に説明したのと同じです。

【2021年】Googleアドセンス審査期間・日数

2021年に合格発表があったブログのアドセンス審査期間は、「早いと1日、遅いと3週間」です。

審査結果が中々来なくて遅いと感じる方は、「アドセンスの審査期間は平均何日?審査が遅い理由と6つの対策!」の記事をご覧ください。

【2021年】Googleアドセンス審査に通らなかった場合

残念ながら審査に落ちてしまった場合ですが、ここで諦めるのはまだ早いです!Googleアドセンスの審査に落ちてしまっても、再度申請は可能です。

審査不合格のよくある共通点
  • 記事の内容が読む人に価値を提供できていない。
  • 記事のタイトルが短すぎる。
  • 記事がまだGoogleに認識されていない。
  • 記事の内容が他のサイトのコピペ記事になっている。
  • 画像が著作権違反のものが含まれている。
  • 文章に小見出しや改行がされていない。
  • カテゴリーが作成されていない。
  • アドセンスポリシー違反をおかしている。
特に、タイトルが短すぎたり、記事の内容がただの自己満足の日記で終わっている場合は審査に落ちてしまうケースが多いです。

記事のタイトルの改善点

例えば、ペットについての記事を書く場合を見ていきましょう。

❌犬のトイレ

⭕️犬がトイレを覚えない!失敗の原因は何?

⭕️犬のトイレのしつけ方法!必要な期間はどれくらい?

⭕️犬が夜中に吠える理由とは?飼い主の対処法について!

タイトルが短すぎると、キーワードが少なすぎて検索ユーザーが見つけれません。キーワードをしっかりと入れて、読者にどういう記事がわかりやすいタイトルにしましょう。

記事がGoogleに認識されていないケース

例えば、サイトを立ち上げた日に一気に6記事書いても、まだその記事はGoogleの検索エンジンには認識されていない場合が多いです。

あなたの書いた記事をGoogleが認識するまで数日かかったりします。

記事がしっかりとGoogleに認識されているかどうかは、SEOチェキを使用すると便利ですよ!

このように、インデックス(Googleに認識されている)数がわかりますね!

このインデックス数が6記事以上であれば、審査に出しても大丈夫です。(審査合格までは記事の更新は定期的にしてくださいね)

正ちゃん
同じ条件でもう一度すぐに申請したとしてもほぼ確実に落ちるので、改めてコンテンツポリシーを確認し、体制を整えてから再度挑戦しましょう!

コピペ記事になっていないかの確認

文章を書く際に、ネットから情報を引用したりリライトしている場合、知らず知らずのうちに文章が似通ってしまい、Googleからコピペ記事と判定されている場合があります。

あなたのブログ記事がコピペ記事になっていないかどうか、コピペチェックツールを活用して調べてみましょう。

無料のコピペチェックツール

【2021年】Googleアドセンス申請前チェックリスト

ここまで色々書いてきた、Googleアドセンスの審査に合格するための本当に重要なチェック項目に絞っています。

アドセンス審査のチェック項目
独自ドメインを使ってるか?
スマホとPCからブログの記事を見て見やすいか?
コピペ記事になっていないか?(コピペチェックツール)
記事の内容が読者に価値を提供できているか?
タイトルは短すぎないか?
アドセンスポリシーは遵守しているか?
記事数と文字数は合格条件を満たしているか?
画像は著作権違反のものを使っていないか?
記事はインデックスされているか?(SEOチェキ)

まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事をご覧いただければ、あなたもアドセンス審査には間違いなく合格できるはずです。

ですが、アドセンス審査合格をしたからといって、それがゴールではありません。

あなたがアドセンス審査を申し込んだ目的は、「ブログやサイトで稼ぐ」のはずです。

Googleアドセンスで大きく稼ぐのは、アドセンス審査に合格するよりもはるかに難しいです。しかし、大きな最初の一歩を踏み出せたあなたなら頑張れるはず!

正ちゃん
これからが本当のスタートですよ!一緒に頑張っていきましょう!

期間限定・無料プレゼント中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です