WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかけるプラグイン!Password Protectedのロゴ変更方法

どうも、専業アフィリエイターの正太です^^

今回は、WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかけるプラグインをご紹介します。

まぁ、サービス購入者限定のメンバーサイトを構築したい時に使用するプラグインですね。

いちいち記事ごとにパスワードをかけていたら非常に面倒ですので、サイトごと一括でパスワードをかけることができます。

ものすごく簡単ですので、さくっとやっていきましょう!

WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかける手順

「Password Protected」
のプラグインを使用します。

WordPressのダッシュボードから、プラグイン⇨新規追加をクリックしてください。

キーワードで、プラグイン名を検索してください。

今回は、Password Protected と検索して今すぐインストールをクリックしましょう。

有効化をクリックしてください。

その後左メニューにある、設定⇨パスワード保護をクリックしてください。

英語で表記されている可能性もあります。

①パスワード保護状況を有効にチェックをいれてください。

②許可する権限は、管理者を許可するをチェックしてください。

③パスワードを設定しましょう。

設定ができれば、変更を保存をクリックしましょう。

そうすることで、このようにサイトを閲覧しようとすれば、パスワードが求められるようになります。

管理者を許可するにチェックをいれたのは、毎回自分が編集するたびにパスワードをいれるのは面倒ですのでそれを回避するためです。

以上で、
WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかけるプラグインの作業は終了です^^

Password Protectedのログイン画面のロゴ変更方法

次に、パスワードのログイン画面のロゴを変更する方法について解説します。

1.ロゴチェンジプラグイン「Login Logo」をインストールする

Login Logoプラグインダウンロードページ

2.ダウンロードをしてください。ZIP形式のファイルがダウンロードされます。

3.プラグインをアップロードしましょう。
プラグイン⇨新規追加から、プラグインのアップロードをして、ZIP形式のままファイルをアップロードしてください。その後、プラグインを有効化しましょう。

4.使いたい画像の名前を「login-logo.png」にする

名前を変更しないと、画像が表示されませんので必ず名前は変更して下さい。

5.用意した画像をサーバーにアップしよう

FTPソフトでサーバを開き、自分のブログのフォルダへ移動。

画像を「wp-content」フォルダ内にコピーしてください。

エックスサーバーを使用している人は、エックスサーバー側から簡単にアップロードすることができます。

ここでは、エックスサーバー側でのやり方を解説します。

エックスサーバーの、ファイルマネージャーにログインしましょう。

6.ドメインを選択してください。

7.public_htmlをクリック

8.wp-contentをクリック

9.ファイルをアップロードしましょう。

10.これでログイン画面にアップロードした画像が表示されます。

こちらでPassword Protectedロゴ変更方法は完了です^ – ^