WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかけるプラグイン!Password Protectedのロゴ変更方法

この記事で解決できる悩み
  1. サイト全体にパスワードをかける方法
  2. password protected ロゴ変更方法

 

正太
独立8年目で本業はサイト運営。アドセンス通算7000万円突破、ASPや情報発信も含めたサイト総収益1億円達成。
サイト運営の教科書』を期間限定で無料プレゼント中です。

どうも、正太です( ´ ▽ ` )

今回は、WordPressのサイト全体に『パスワードを一括でかけるプラグイン』をご紹介します。

まぁ、サービス購入者限定のメンバーサイトを構築したい時によく使用するプラグインですね。

いちいち記事ごとにパスワードをかけていたら非常に面倒ですので、サイトごと一括でパスワードをかけることができます。

また、このようにパスワード画面に自分の好きなロゴ画像も設定することが出来ますよ^^

簡単ですので、さくっとやっていきましょう!

WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかける手順

Password Protected』というプラグインを使用します。

WordPressのダッシュボードから、『プラグイン』⇨『新規追加』をクリックしてください。

キーワードで、プラグイン名を検索してください。

今回は『Password Protected』 と検索して今すぐインストールをクリックしましょう。

有効化』をクリックしてください。

その後左メニューにある『設定』⇨『パスワード保護』をクリックしてください。

英語で表記されている場合もあります。
  1. パスワード保護状況を『有効』にチェックをいれてください。
  2. 許可する権限は『管理者を許可する』をチェックしてください。
  3. パスワードを設定しましょう。

設定ができれば『変更を保存』をクリックしましょう。

そうすることで、以下のようにサイトを閲覧しようとすれば『パスワード』が求められるようになります。

正太
管理者を許可する』にチェックをいれたのは、毎回自分が編集するたびにパスワードをいれるのは面倒ですのでそれを回避するためです。

以上で、WordPressのサイト全体にパスワードを一括でかけるプラグインの作業は終了です。

Password Protectedのログイン画面のロゴ変更方法

次に、パスワードのログイン画面の『ロゴ』を変更する方法について解説します。

1.ロゴチェンジプラグイン「Login Logo」をインストールしましょう。

Login Logoプラグインダウンロードページ

2.『ダウンロード』をしてください。ZIP形式のファイルがダウンロードされます。

3.プラグインをアップロードしましょう。
プラグイン』⇨『新規追加』からプラグインのアップロードをして、ZIP形式のままファイルをアップロードしてください。その後プラグインを『有効化』しましょう。

4.使いたい画像の名前を「login-logo.png」にして下さい。

名前を変更しないと、画像が表示されませんので必ず名前は変更して下さい。

5.用意した画像を『サーバー』にアップします。

FTPソフト』でサーバを開き、自分のブログのフォルダへ移動し、画像を『wp-content』フォルダ内にコピーしてください。

エックスサーバーを使用している人は、エックスサーバー側から簡単にアップロードすることができます。

ここでは、ボクも使っている『エックスサーバーのやり方』を解説します。

エックスサーバーの、『ファイルマネージャー』にログインしましょう。

6.『ドメイン』を選択してください。

7.『public_html』をクリックしましょう。

8.『wp-content』をクリックしましょう。

9.先ほど作成したファイルを『アップロード』しましょう。

ファイルを選択』→『アップロード』すれば完成です。

10.これでログイン画面にアップロードした画像が表示されます。

こちらで『Password Protectedロゴ変更方法』は完了です^^

パスワード画面に好きな画像があると見栄えもいいですし、テンションあがりますよね。

期間限定・無料プレゼント中