サーチコンソールとXMLサイトマップの登録方法

ピヨッピーです(*^^*)

サーチコンソールとは、Googleが提供している無料ツールになります。

昔は名称がウェブマスターツールだったのですが、近年名前が変更され『サーチコンソール』に変わりました。

サーチコンソールを使用することによって、自分のブログへのクロール(巡回)のリクエストができたり、サイトマップを登録出来たり、手動によるウェブスパム対策やセキュリティー問題などを確認できたりします。

サーチコンソールはSEOの内部対策の一つになりますので、必ず登録して使い方をしっておきましょう。

サーチコンソールの登録方法

⑴まずはサーチコンソールにアクセスして下さい。

サーチコンソール

サーチコンソールに登録するには、Googleアカウントを取得している必要がありますので、まだであればまずGoogleアカウントを取得しましょう。

Googleアカウントの取得方法

⑵あなたのブログのURLを入力してプロパティーを追加して下さい。

⑶URLプレフィックスにサイトのURLを入れてください。

⑷「別の方法」を選択し、『HTML タグ』をチェックして下さい。

⑸メタタグをコピーします。

この後コピーしたmetaタグを指定の場所に貼付けますが、このサーチコンソールのページは開いたままにしておいて下さい。

⑹ワードプレスのダッシュボードに入って、『外観』→『テーマの編集』をクリック

⑺右側にある、『テーマヘッダー』をクリック

⑻ウィンドウズの場合『Ctrl+F』 Macの場合『command+F』で右上に検索窓が出現します。

⑼検索窓にheadと検索をすると、黄色くhead部分が表示されますので、head直下にサーチコンソールで取得したmetaコードを貼り付けます。
※メタコードを入れる場所はお使いのテンプレートによって多少異なりますが概ねこの位置です。

(10)貼り付け終わったら、ワードプレスの一番下に戻りファイルを更新をクリックします。

(11)サーチコンソールの画面に戻り、『確認』をクリックします。

(12)設定ができると、『所有権が確認できました』という画面になるのでこれで、サーチコンソールのブログの設定が完了しました。

XMLサイトマップを登録する

先ほど登録をした、サーチコンソールを使って、XMLサイトマップを登録します。

サイトマップとは、サイトのトップページだけでなく、記事のURLもインデックスしてもらうための目次のようなものです。

サイトマップを作成して送信することにより、サイト上の全てのページをGoogleに知らせることができますし、記事を更新した後のインデックススピードも早くなります。

それでは、順番に手順を見ていきましょう。

GoogleXMLSitemapsのプラグインを入れる

まずは、XMLサイトマップを作成しましょう。

『GoogleXMLSitemaps』というプラグラインを有効化することにより、自動でサイトマップを作成することができます。

ワードプレスの管理画面から、プラグイン→新規追加→GoogleXMLSitemapsで検索して有効化するだけで完了です。

サーチコンソールにサイトマップを追加する

⑴サーチコンソールにログインし、『クロール』→『サイトマップ』をクリックします。

⑵『サイトマップの追加/テスト』をクリック

⑶『sitemap.xml』と入力し送信する。

⑷『成功しました』というステータスがでれば完了です。

最後に

サーチコンソールは、サイトをやる上では欠かせないツールです。

サーチコンソールは、記事を投稿するごとに毎回使用しますので、必ず設定しておいて下さいね。

サーチコンソールの使い方はこちらの記事をご覧ください。

『Googleアドセンスの稼ぎ方』に特化したコミュニティー