こんにちわ、専業アフィリエイターの正太です( ´ ▽ ` )ノ

夫婦の毎月のGoogleアドセンスの報酬を公開しています。

Googleアドセンスには、アドセンスポリシーというルールがあります。

アドセンス狩りというのは、簡単にいうと『嫌がらせ』です。

例えば、あなたが何かの記事を書くときに、『自分よりも上位表示されているサイトが消えてくれたら自分のサイトにもっとアクセスが集まるのになぁ〜』と思うことありませんか?

僕たちがアドセンスのルールを守っていたとしても、外部から攻撃されてしまい、アカウントが停止もしくは閉鎖に追い込まれてしまう可能性があるのです。

ですが、しっかりと対策をとっていればアドセンス狩りは決して怖くありません

アドセンス狩りというのは、大きく分けて2種類に分かれます。

  • 不正クリック
  • ソースコードを抜かれて禁止コンテンツにはられる

それでは順番に解説していきます。

不正クリック

アドセンスの注意点の記事に書いたように、不正クリックをしたらアカウントが閉鎖になります。

このルールを逆手にとって、他者のサイトのアドセンスアカウントを意図的にクリックしてアカウント閉鎖においこもうとする人がいます。

不正クリックのアドセンス狩り対策

不正クリックのアドセンス狩り対策は、実は一番危ないのはアドセンスアカウントを取得したてです。

例えば、僕と妻のアドセンスサイトは、サイトのアクセス数が合わせて月間250万PVは超えるようになりました。

ですので、狩りに多少アドセンス狩りがいたとしても、『無効なトラフィック – コンテンツ向け AdSense』として、自動でGoogleの方が不正クリックを判断し、アドセンス報酬から自動で差し引かれます。

ですが、まだ全然PV(アクセス数)がないにも関わらず明らかに広告のクリック率が多いときというのは、アカウントが閉鎖に追い込まれてしまう可能性があるのです。

自分のCTRを把握する

まず不正クリックで大切なのは、自分のCTRを把握することです。

CTRというのは、アドセンス広告のクリック率です。

おそらく、初めてアドセンスを実践している人のページクリック率はだいたい1%〜2%の間らへんにおさまるかと思います。

関連コンテンツユニットが付いていれば、2%〜3%くらいにはなるかと思います。

ですが、CTRというのは、コンテンツのテーマやコンセプトによっても変化するので、常日頃から自分のCTRを把握しておきましょう。

明らかに、CTRが増えた場合は、Googleの『無効なクリックの連絡フォーム』で必ず報告をするようにして下さい。

無効なクリックの連絡フォーム

必要な情報をそれぞれ入力して下さい。

サイト運営者IDは、アドセンスの管理画面の設定→アカウント情報で調べることができます。

IPアドレスをブロックする

不正な操作の原因と考えられる疑わしいIPアドレスを調べて、ブロックすることによって不正クリックの常連を防ぐことが可能です。

リサーチアルチザン

リサーチアルチザンというツールを使用することにより、AdSenseをクリックしたIPアドレスを調べることができます。

ですが、基本的には普段から自分のCTRを把握して、少しおかしいなと思ったら、Googleに申し立てすることが最優先です。

基本的にはその操作だけでも不正クリックアドセンス狩りを防ぐことが十分可能です。

※ちなみに、僕も妻もリサーチアルチザンのツールは使用していません。

ソースコードを抜かれて禁止コンテンツにはられる

アドセンスのソースコードというのは、実は誰でも簡単に知ることができます。

アドセンス広告が表示されているページで、「右クリック」→「ページのソースを表示」をするとソースコードを調べることができ、その中でアドセンスコードを確認することができてしまいます。

つまり、アドセンス狩りをする人が、誰かのアドセンスソースコードを抜いて、アダルトサイトなどの禁止コンテンツにはりつけてしまうと、Googleからすればアドセンスコードの所有者のアカウントがペナルティーにあってしまうのです。

自分のサイトを設定する

ソースコードを抜かれて禁止コンテンツにはられるアドセンス狩り対策は、ズバリ『自分のサイトを設定する』です。

アドセンスの管理画面で、アドセンスから報酬が発生するサイトを登録しておくことによって、例えば、アダルトサイトに貼られてしまったとして報酬が発生したとしても、それは自分のサイトではないとGoogle側に認識させることができるのです。

アドセンスの管理画面から設定→自分のサイトという項目で、サイトのURLを追加するだけですので非常に簡単です。

最後に

昔は、アドセンス狩りというのはそれなりに注意するべき存在だったのですが、アドセンス側の技術が進歩して、現在では、上記のことをしっかりと守っていればそこまで心配する必要はありません。

Google側の方で、これは無効なクリックだなと思われたクリックについては、『無効なトラフィック-コンテンツ向けAdSense』という名目で実際の支払額から勝手に天引きされます。

ちなみに、僕も妻も2014年からアドセンスを始めていますが、一度もアドセンス狩りにはあったことはありません。

ですので、これからアドセンスを始める初心者さんも、安心して取り組んでいってくださいね ^^